収蔵品検索 歴史

愛新覚羅溥傑家資料

2013年10月、西宮市在住の福永嫮生さん(1940−)より愛新覚羅溥傑家に関する手紙や写真、書画などの貴重な資料を受贈しました。愛新覚羅溥傑(1907−94)は、中国・清朝最後の皇帝溥儀の実弟で、「満州国」軍人となり、昭和天皇の遠縁にあたる嵯峨浩(1914−87)と結婚し、二女に恵まれました。嫮生さんはその次女です。 日本の敗戦後、父溥傑はソ連・中国に収監され、嫮生さんは母とともに中国大陸を流転した末に日本へ引き揚げました。それから16年が経った1960年にようやく父と再会を果たしました。 本資料群は、溥傑・浩夫妻、二人の子である慧生(1938−57)・嫮生に関する資料が中心です。時代の波に翻弄されながらも日中友好に尽力した一家の資料から、改めて昭和の歴史を考えるきっかけになれば幸いです。

『慧生育児日記』

1938〜39年 

嫮生(誕生直後)

1940年

慧生と嫮生

1943年以前

「流転」の日々の嫮生

1946年頃

横浜市日吉で過ごす浩母娘

1948年

慧生(学習院高等科の頃)

1953〜56年頃 

『流転の王妃』刊行当時の浩

1959年

『流転の王妃』刊行記念会

1959年

映画『流転の王妃』写真帳
大映東京撮影所
1959年

広州へ向かう浩と嫮生

1961年

家族旅行

1961年

集合写真(北京護国寺溥傑宅の応接間にて) 

1961年