博物館のご紹介

 

ごあいさつ

関西学院大学の時計台は、長らく図書館として学生たちに親しまれてきましたが、創立125周年を記念して2014年9月28日(創立記念日)に新たに大学博物館として開館しました。
125年に及ぶ関西学院の歴史を踏まえた展示とともに、年2回の企画展を通して、関西学院大学の研究や教育の成果などさまざまな情報を発信していきます。”時計台ミュージアム”の愛称で呼ばれるように、学生をはじめ、同窓や市民の皆さまに親しまれる博物館でありたいと願っています。

関西学院大学博物館の魅力

 

キャンパスがミュージアム

魅力の一つは、館内企画に加えキャンパス全体で美しい建造物や美術品を楽しめるところです。緑豊かなキャンパス設計は建築家でありキリスト教伝道者でもあったウィリアム・メレル・ヴォーリズが手掛けたもので知られています。甲山を背景に時計台(大学博物館)、中央芝生、正門が軸線で結ばれ、周囲左右にスパニッシュ・ミッション・スタイルで統一された白壁と赤瓦の校舎、宣教師住宅が建ち並んでいます。さらに、キャンパスの中にはキリスト教美術から現代アートまで様々な美術品が点在しています。

 

館内見取図

  • 油絵《学院風景−上ケ原移転当時》
    堀口泰彦
    上ケ原への移転後間もない頃の関西学院の姿を描いた絵画です。堀口泰彦が関西学院在学中に制作しました。かつての日本人住宅を前景に広大な学院の風景を描写した、2mを超える大作です。
  • 院長像
    展示室1には4体の院長像が置かれています。それぞれの院長の功績をたたえて、ランバス像と吉岡像は大熊氏廣により1927年と28年に、ベーツ像と神崎像は山名常人により74年と77年に制作されました。
  • ジオラマ
    上ケ原移転直前の原田の森キャンパスのジオラマと、移転直後の上ケ原キャンパスのジオラマを並べて見ることができます。
  • ビデオコーナー
    関西学院の歩みやヴォーリズによる建築などをビデオでご紹介します。
  • 学院史編纂室コーナー
    学院史編纂室発行のパンフレットや冊子(日本語・英語)を置いています。関西学院の歴史に関心をお持ちの方は自由にお持ち帰りください。
  • 時計台の小部屋
    時計台の歴史を写真パネルで紹介するコーナーです。

学芸スタッフ紹介