ページ内を移動するためのリンクです。
創立111周年を迎えて
第3回関学歴史サロン
神田健次先生による

知 ら れ ざ る 学 院 史 の 一 齣

—民芸運動との関わりをめぐって—
~柳 宗悦(日本民芸運動創設者)・寿岳文章(元本学文学部教授)・外村吉之介(元倉敷民芸館館長)~
世界のキリスト教会の一致と協力を目指すエキュメニカル運動を通して活躍中の神田健次先生(関西学院大学神学部教授)をお招きして関学のシンボル、時計台2階の洒落た雰囲気の中関西学院の歴史について、わかりやすく語っていただきます。
先着40名様までにはお茶の用意をしております。
歴史に興味をお持ちの方、時計台をご覧になりたい方、神田先生ファンの方どうぞお気軽にご参加ください。
日時 2000年6月7日(水)14:50~16:20
14時15分より開場しますので、講演開始までお茶と音楽をお楽しみください
場所 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス時計台2階
参加費 無 料
講師プロフィール<神田健次(かんだけんじ)>
関西学院大学神学部教授。1948年新潟県新発田市に生まれる。1980年関西学院大学神学研究科博士課程修了。
1980-82年、ミュンヘン大学神学部留学。専攻は実践神学。
『現代の聖餐論-エキュメニカル運動の軌跡から』(日本基督教団出版局)により博士学位取得。 最新の編著として、『現代キリスト教倫理』第1巻「生と死」(日本基督教団出版局)がある。
~~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~~
問い合わせ先:関西学院 学院史資料室(時計台1階)
阪急今津線甲東園駅または仁川駅下車西へ徒歩15分
駐車場がございませんので、お車での来学はご遠慮ください
TEL:0798-54-6021 FAX:0798-54-6462